BLOG
ブログ
2023.02.24
和瓦から立平板金へ
ブログ
和瓦から立平板金

本日の現場は和瓦から立平板金(たてひらばんきん)に葺き替えの着工をしました。

ご依頼ありがとうございました‼️

立平葺き(たてひらふき)とは…

立平葺きとは板金だけで構成された屋根のことです。
立平葺きは「立平板金」や「縦平」「縦葺き」「縦ハゼ葺き」「竪ハゼ」「長尺屋根」「嵌合(かんごう)式立平」とも呼ばれています。
名前の通り、一枚ものの長尺板金を縦に流して葺きます。
主に屋根の素材はガルバリウム鋼板を用います。

昔は立平葺きというと、大型建築物を対象とした屋根の施工方法として認知されていました。
しかし、現在ではモダンな意匠性や他の板金系の屋根材より安価なことが評価され、戸建て住宅で使用されるケースが増えています。
屋根と外壁に金属素材を用いたオールメタル住宅の関心も高まり、屋根だけではなく外壁にも使用されつつあります。


立平葺きのメリットは、

メンテナンスしやすいことも挙げられます👆
立平葺きは、凸部に木材が使用されていないので、腐食の心配がありません。

また、耐用年数が長いことや工期が短く費用が安いこともメリットです!
立平葺きには、ガルバリウム鋼板が使われています。
ガルバリウム鋼板は、錆びにくく価格が安いという特徴があります。
そのため、耐用年数が20年と長く、長尺の屋根材を固定していく工法は、費用を抑えることにつながります。

しかし、金属屋根であるがゆえに、雨音がうるさくなるのがデメリットです☔️
立平葺きは長尺の屋根材なので、他の屋根材より雨音が響きます💦
また、室温が上がりやすいこともデメリットです。
金属屋根は、他の屋根材よりも熱を吸収します。
そのため、遮熱塗料や断熱材でカバーすることが大切です😤

立平葺きなどで葺き替える事により雨漏りがなくなる為、雨漏りを心配される方にはお勧めです👍
また、これから屋根のメンテナンスをお考えの方もぜひ立平葺きについて検討してみてはいかがでしょうか❓

お客様のイメージやご予算に合わせたご提案やドローンを使っての屋根点検、お見積りも無料で行っておりますので、是非一度ご相談頂けたらと思います。

Back
ブログ
2024.04.11
板金講習会
 4月9日(火) 雨で現場が止まってしまったので、…
View More
ブログ
2024.04.09
多治見市滝呂町にてカバールーフ
多治見市滝呂町にて、 カバールーフ、雨樋交換、玄…
View More
ブログ
2024.03.29
瀬戸市白山町にて葺き替え工事
瀬戸市白山町にて、「築37年カラーベストの屋根で、2…
View More
Contact
お問い合わせ
無料診断・ご相談・お見積り等のお問合せは、「お問合せフォーム」「お電話」にて、お気軽にご相談ください。
他社様とのお見積り比較も喜んで対応させていただきます。
少しでも不安なことがあれば、ぜひご一報ください!
View More